泡マスターの使い方

使い方

  • 泡マスターの本体上部の穴に、泡付けノズルを入れて、根元までしっかりはめ込む。
  • 泡マスターの本体の下部をはずし、ソーダカートリッジの細いほうを上にしてホルダーへ入れ、上下を合わせる。
  • プッシュボタンを押して、泡付けノズルからガスがでていることを確認する。
  • グラスに注がれたビール類に泡付けノズルの先端を1cmほど差し込み、プッシュボタンを1回だけ押す。

※泡マスターを使い終わったら、ノズルを取り外して、洗浄し乾燥させてください。

上手に泡つけするコツ 上手に泡つけするコツ
グラスの中央ではなく、グラスの縁に近いあたりに噴射すると、適量の泡が作れます。 また、ビール、グラスは冷やしておくこと。夏で、5〜7度くらいが適温です。

ソーダカートリッジの交換

プッシュボタンを押してもガスが出なくなった時は、カートリッジの交換をします。
本体のホルダーをゆっくり回して緩め、シューッとガスの放出音がした場合は、ガスが抜け切ってからゆっくりと緩めてください。急激に取り外すとホルダーのガス逃げ穴から炭酸ガスが勢いよく飛び出して、凍傷になる恐れがあります。また、パッキンが破損して使用できなくなることがあります。

※使用済みソーダカートリッジは、封板(蓋)に穴が開いていることを確認してから、各自治体の指示に従ってください。(材質:スチール)

カートリッジの交換ゆっくりと緩めてください。

泡マスターイメージ

泡マスター 製品仕様

  • 高さ:120mm
  • 質量:約65g(カートリッジ装着時約100g)
  • 材質:本体(ABS、アルミ)、ノズル(P.P.)、ソーダカートリッジ(鉄)

注意:本品は気の抜けたビール類の炭酸を補うことは出来ません。 ビール類の液中に炭酸ガスで衝撃を起こして泡を作るため、液中から炭酸ガスが抜けることがあります。

ページのトップへ